どっちもイイね!

昔の日本の住宅の床と言えば畳が一般的でした。
しかし、今ではフローリングが取り入れられていることが多いですよね。
全ての床がフローリングということもあるのですが、やっぱり畳の部屋も欲しい・・・。

これから新生活を始めるという場合は、畳にするかフローリングにするか?ということで悩まれている方は多いでしょう。
どちらも魅力がありますからね。

それぞれの床には特徴があります。
フローリングの場合には洋風のインテリアがよくあいますし断熱効果や通気性が良い、防音性に優れているなどの効果があります。
畳では、抗菌作用や有害物質を吸収してくれる、精神的な癒しの効果があるということが挙げられます。
自分の求めている効果などに合わせて床の素材を選ぶ必要があるでしょう。

最近では畳がやっぱりほしい!ということで賃貸マンションでも一室だけ和室が設けられているところが多いです。
和室は寝室や客間として利用されることが多いです。
その他の部屋はおしゃれに見えるようにフローリング・・・といったかんじです。

贅沢かもしれませんが、やっぱり日本人であればどちらの素材も捨てがたい・・・。
それぞれの特徴についてもっと詳しく知っておきましょう。

色々な機能に優れているフローリングを選ぶ事によって、商品の目利きができるようになります。フローリングさえ上手に選べれば、快適な空間を簡単に作ることができますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加